日本音楽集団
Japanese English
 2022年6月17日(金)第236回定期演奏会
日本音楽集団 236 定期演奏会
多毛留&和楽キネマ倶楽部

指揮:田中元樹

一、「組曲 幻獣絵巻物」 2013年 篠田大介作曲
二、「多毛留」 1988年 秋岸寛久作曲
     《語り》米倉日呂登(助演)

三、「東京行進曲」 委嘱初演 川崎絵都夫作曲
     《弁士》片岡一郎(助演)



【日時】 2022年6月17日(金) 18:30開演

【会場】 台東区生涯学習センター ミレニアムホール
つくばエクスプレス「浅草駅」A2出口から徒歩8分
日比谷線「入谷駅」1番出口から徒歩9分
銀座線「田原町駅」3番出口から徒歩12分
JR線「鶯谷駅」南口から徒歩15分

【入場料(全席自由)】 一般:4,000円 ヤングチケット:2,000円

感染症拡大防止の観点から、コンサート当日の受付での現金のやり取り、チケットの受け渡しを極力避けるため、事前のお振込みとチケットの郵送をお願いしております。お申し込み頂いた方に、チケット代金と送料をご連絡いたしますので、指定の銀行口座への振り込みをお願いします(大変恐縮ですが、振込み手数料はご負担下さい)。入金の確認が取れ次第、チケットを郵送させていただきます。ご理解とご協力をお願い申し上げます。

巻物、絵本、映画─時代を経て、形が変わっても、人はいつも「ものがたり」に魅了されてきました。そして、「ものがたり」にはいつも、音楽が寄り添ってきました。

この演奏会では、3人の作曲家が書き上げた、「ものがたりと共にある音楽」をお届けします。

篠田大介の『組曲 幻獣絵巻物』は、日本に古来から伝わる幻獣たち、鵺・天狗・人魚・鳳凰を題材に、絵巻物のように組曲としてまとめた作品。『多毛留』は、福岡出身の俳優・絵本作家、米倉斉加年の名作絵本「多毛留」の朗読と映像のために秋岸寛久が作曲した作品。また、弁士付きで上映する無声映画『東京行進曲』には、川崎絵都夫が新しく音楽を付けてストーリーを彩ります。和楽器が奏でるそれぞれの「ものがたり」、どうぞお楽しみください。
日本音楽集団 236 定期演奏会
Copyright © 2002 Pro Musica Nipponia All right Reserved.